糖尿病はしめじが怖い?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
糖尿病はしめじが怖い?

 皆さんこんにちは。看護師の瀧口です。

 “糖尿病”という病名は皆さん聞いたことがありますよね?糖尿病はいまや国民病。糖尿病患者さんは全国で300万人以上、その疑いがある人は2000万人以上います。

 しかし、糖尿病がなぜこれほど怖がられるのか、ご存知ですか?

 「血糖値が上がるからでしょ?」という答えが返ってきそうですが、では、血糖値が上がると、なにが困るのでしょうか?

 まず今回は、糖尿病の基本について、そして次回は、糖尿病患者さんに重要な足のケアについてお話しします。

日本人は体質的に糖尿病になりやすい

 食事からとり入れた糖は、脳をはじめとするさまざまな臓器にとって欠かせないエネルギー源です。普段はすい臓からインスリンというホルモンが分泌され、血液中の糖の量が増えすぎないよう調整しています。このインスリンの働きが低下し、常に血糖値が高い状態となるのが糖尿病です。

 糖尿病には1型と2型がありますが、生活習慣が関係するのは後者で、糖尿病全体の95%以上を占めます。今回は、この2型糖尿病に焦点を当ててお話しします。

 日本人は、欧米人に比べてインスリンの分泌量が少ない人が多く、糖尿病になりやすいといわれます。しかし、それだけで糖尿病を発症するわけではありません。食べ過ぎ、運動不足、肥満などがあると、インスリンが分泌されていても作用しにくい状態となり、糖尿病を発症します。

糖尿病の合併症

し・め・じの順に発症します!?

 では本題です。血糖値が高いと、なぜ悪いのでしょうか?実は、糖尿病で怖いのは、高血糖それ自体ではなく、それにより血管の細胞がじわじわと傷つき、さまざまな合併症が起こることです。糖尿病は、血管の病気と言えるのです。

 糖尿病の三大合併症は、神経障害、網膜症、腎症です。一般的に、糖尿病にかかってから神経障害(し)を発症するまでに約10年、網膜症(め)が10~15年、腎症(じ)が15年以上かかると言われています。それぞれ、足の壊疽(えそ)、失明、腎不全(人工透析治療)などにつながります。糖尿病は、かなり進行するまで自覚症状がないので、脚のしびれで病院に行き、そこで初めて糖尿病と診断されることもあります。

また、高血糖状態が続いて太い血管が傷つくと、動脈硬化が進行し、心筋梗塞や脳梗塞の危険性が高まります。

さらに最近は、これらに加えて、認知症も合併症の一つと考えられるようになりました。

糖尿病治療の目的は、これらの合併症の予防にあるのです。

糖尿病と免疫の関係

 糖尿病の人は、あらゆる感染症にかかりやすく、治りにくくなります。高血糖が続くことで、免疫力の要となる白血球に悪影響が及ぶことが大きな原因です。

 かぜ、インフルエンザ、肺炎、膀胱炎、腎盂炎、口内炎、歯肉炎、皮膚炎など、ありとあらゆる感染症に注意が必要です。

 虫刺されや小さな傷も油断できません。

「ちょっとしたかぜや傷なら放っておけば大丈夫」は、糖尿病には通用しません。

 次回は、糖尿病の合併症予防、悪化予防のため、重要でありながら見過ごされがちな足のケア(フットケア)についてお話しします。

著者情報
 瀧口 景子
瀧口 景子

看護師

看護師。早稲田大学大学院修了。都内大学病院に勤務後、企業に勤務。看護学生、新人看護職員らを対象とする医療安全講師としても活動中。

免疫力アップ成分ブロリコの情報はこちら

関連記事


ページの先頭へ