免疫力とは何なのか。免疫を高める5つのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
免疫力とは何なのか。免疫を高める5つのポイント

 「病気にならないように免疫力をつける」という言葉を聞いたりしますが、免疫力を高めるとはどういうことなのでしょうか。免疫を難しく考えすぎている人が多いように感じます。じつは免疫とは難しいものではなく、また免疫力を高めるということも難しいことではないのです。

 今回は免疫力を高めるポイントなどをご紹介したいと思います。

そもそも免疫力とはなんなのか

 「免疫力とは何ですか」とたずねられたら、あなたはどのように答えますか?ごく身近なことなのですが、よくわからないという人もいることでしょう。

 免疫を簡単にまとめてしまえば「病気・病原菌に打ち勝つ力」ということになります。そんな免疫力をつけるにはどんなことをすればいいのでしょうか。

免疫力を高めるポイント

ポイント(1) 睡眠

 夜間に睡眠をとることで疲労を回復できるということはもちろんですが、じつはこの睡眠中にこそ免疫がもっとも働いています。

 私たちがとくに活動する日中には副交感神経よりも交感神経が活発に働いていますが、睡眠中には副交感神経のほうが活発に活動しているのです。

 そしてこの副交感神経の働きが活発なときほど身体や体力の回復、白血球などの生産と、免疫力を高める機能が活発になっています。

 白血球は太い骨の中心にある骨髄で生産されるのですが白血球は立っている姿勢よりも横になっていたほうが白血球の産生が活発になることがわかっています。

 しっかりと夜間の睡眠をとって丈夫な体作りをしたいものです。

ポイント(2) 適度な運動を心がける

 免疫力を高めるには適度な運動を続けていくことも重要です。運動することで体力が向上し、血液の循環もよくなるため新陳代謝が促進され、健康状態もさらに向上します。

激しい運動をする必要は一切ありません。深呼吸をしながらストレッチを続けるだけでも効果はあります。

 そして運動による免疫力の向上は体力だけではありません。

病原菌が侵入してきたときに戦う細胞のひとつにナチュラルキラー細胞(NK細胞)というものがあります。これも白血球の種類のうちのひとつです。

 そして適度な運動をすることでナチュラルキラー細胞を活性化させることができるということがわかっています。

ナチュラルキラー細胞が活性化することで、より病原菌と戦う力が強くなるということは当然ですね。

 また、運動だけではなく、しっかり「笑う」ことでもナチュラルキラー細胞が活性化することがわかっています。

ポイント(3) 身体を温かくしておく

 体温が1℃低下するだけで免疫力が30~35%も低下するといわれています。

体温が上がるということは血液の循環が促進されるということにもなります。

血液の循環は全身の新陳代謝を促します。

 血液の循環が良好だということは、それだけ白血球も体内を循環しているということになります。病原菌が体内に侵入した際に血液の流れが良好だと、病原菌に対して攻撃を行う白血球が多くなるということになります。できるだけ早く病原菌を死滅させることで、病原菌の増殖を抑制し、発病するのを防ぎます。病原菌が侵入したからといってすぐに発病するわけではありません。病原菌が増殖して身体が負けた時に発病するのです。

 できるだけ多くの白血球に病原菌と戦ってもらうには、体温を温かくしておくことが重要です。

ポイント(4) 安易に抗生物質などを使わない

 細菌感染などで病院を受診すると必ずといっていいほど処方される抗生剤。

抗生剤は病気を治すにはとても効果的な薬であることは間違いありませんが、この抗生剤の使用が免疫力を低下させる原因となる可能性があります。

 抗生剤の長期の使用は有害な細菌を死滅させるだけではなく、じつは、身体に有益な腸内細菌まで死滅させてしまうかもしれないのです。今まで体内にたくさんいた有益な菌が死滅することにより今まで均衡のとれていた細菌バランスが崩れて、免疫力が低下してしまうかもしれません。

 しかし、抗生剤の使用は病気の治療に非常に有効なものであることに間違いありません。高熱が続くと免疫の低下どころか病気が重症化してしまうこともあります。抗生剤の使用と、自己免疫での病気の対処はバランスを考えた方が良いでしょう。

ポイント(5) 免疫力を高める食材もある

 免疫力をつけるためには栄養バランスのよい食事にしたほうがいいということは当然ですが、免疫力を高めやすい食材というものもあります。そのひとつにリンゴがあります。

 果物にはビタミンやミネラルが豊富に含まれており、水分も多く含んでいます。そのなかでもリンゴに含まれるエピカテキンなどのポリフェノールには白血球など免疫を活性化させます。また、リンゴに含まれる酵素には炎症を抑える効果がることもわかっています。

 「風邪をひいたらリンゴがいい」と聞いたことがあると思いますが、こういった理由があるからなのです。

まとめ

 今回は5つのポイントを紹介しました。すでにお気づきの方もいると思いますが、本当に基本的なことなのです。これらのポイントをまとめると「健康的な生活習慣をおくる」ということが重要だということが見えてきますね。

著者情報
長嶋 真一
長嶋 真一

看護師歴15年以上。整形外科、消化器内科・外科を中心に経験を積ませていただいています。福岡県の田舎に生まれ、田舎で育ち、そのままのんびりと田舎で生活しています。趣味はアクアリウム(水槽)で、水草水槽や熱帯魚水槽の世話を毎日楽しんでいます。

免疫力アップ成分ブロリコの情報はこちら

関連記事


ページの先頭へ