免疫力を高めるブロリコとは?

東京大学と共同研究で新規の成分「ブロリコ」を発見

イマジン・グローバル・ケアは、予防医療で社会に貢献したいという強い思いとともに、5年もの歳月をかけて東京大学と共同研究を進めてきました。
そして、カイコを使って免疫力を測定する方法を発見しました。カイコは人と同じ病気にかかり、人と同じ薬で治るといわれています。カイコの免疫細胞に活性化物質が結合すると活性酸素が放出され、ある蛋白が活性化し、筋肉を麻痺させ、収縮させます。成分の免疫活性度が高いほど、筋肉の収縮度合いが大きくなります。
発見により、カイコの筋肉に様々な物質を注射することで、自然免疫を活性させる作用がある成分とその活性度を知ることができるようになりました。
そして、イマジン・グローバル・ケアと東京大学は5年の歳月をかけて、自然免疫を高める成分を発見しました。
その成分を「ブロリコ」と名づけました。
ブロリコは今まで世界にない新規の成分です。

この測定方法を発表した論文は世界的権威のある生物学誌
the journal of biological chemistry」に掲載されました。

ヒトと同じ作用 様々な栄養分で実験

自然免疫を高めるブロリコ

色々な野菜や、免疫力を高めるといわれるβグルカン、メカブフコイダンなどで免疫力を測定したところブロッコリーから抽出されたブロリコが一番高い活性を示しました。
ブロッコリーに含まれるブロリコは自然免疫、特にNK細胞と好中球を活性化させます。
ブロリコのパワーは免疫活性効果があるといわれるメカブフコイダンの約60倍、DHAの70倍以上、アマゾンのスーパーフルーツといわれるアサイーの約240倍、プロポリスにおいては1000倍以上もの活性を示しました。
※このデータはブロリコの純度を高めて行った最新の実験によるデータです。

食品の免疫活性率

ブロリコは特殊な方法で抽出されており、
その方法は日本・米国・EUで特許を取得しました。

2012年11月20日
米国で特許登録。 特許番号:8313779
「自然免疫機構を活性化/抑制する作用を有する物質の評価方法及びスクリーニング方法、並びに、自然免疫機構を活性化/抑制するための薬剤、食品及びそれらの製造方法」
2013年6月12日
欧州で特許登録。
特許番号:2133693
同上
2013年10月25日
日本で特許登録。
特許番号:5394233
同上
2014年3月7日
日本で特許登録。
特許番号:5491082
「自然免疫機能活性化組成物の製造方 法及び自然免疫機能活性化組成物」
ブロリコは特殊な方法で抽出されており、その方法は日本・米国・EUで特許を取得しました。

ヒトでの臨床試験で自然免疫の活性が見られた

2011年2月~3月にかけて実施したヒトでの臨床試験では、平均10%ほど免疫の活性化が確認されました。
Lancetという世界で権威のある医学雑誌に掲載された埼玉県立がんセンターの研究では、NK細胞の活性について、男性では、42%以下を低活性群、43~58%を中活性群、58%超を高活性群、女性では、34%以下を低活性群、35~51%を中活性群、51%超を高活性群と分けております。
結果は、NK活性の低い群の人は、高位群や中位群の人に比べて病気を発症する相対リスクが高いというものでした。この研究から考えまして、ブロリコの臨床試験で示されたNK細胞の10%上昇という結果は意味のあるものと考えられます。
試験に参加した人たちからは、5名が胃炎改善脂漏性湿疹改善歯ぐき出血改善体のだるさの改善目の疲れが軽減、寝起きが良くなった花粉症が楽になったなど、体調が良くなったという体感が伝えられました。また、3名の女性が、ニキビが治ったり肌のつやが良くなったなど、皮膚の状態が改善したという声がありました。精神的ストレスが軽減されたという人も2名いました。